中堅・中小企業の経営を支援する
コンサルティング会社

  1. ホーム
  2. 支援実績
  3. 支援実績

「顧客の声」マーケティング調査(食品サービス業の事例)

概要
2019年 / 九州 / 中小企業
業務分野
企業コンサル
業務内容
課題整理コンサルティング /

背景

弊社が主催したマーケティングセミナーの受講者様(部長)から相談がありました。
相談内容は、生鮮食品を主とした店舗展開を主事業に取り組んでいる。大型スーパーなど価格競争に巻き込まれており、今後の成長は期待できない状況である。
次年度から、自社の強みを活かした新事業(クッキングスタジオ)の展開を考えている。
しかし、顧客調査などのマーケティング・リサーチの手法が分からない。
そこで、弊社が顧客調査を実施するに至りました。

支援内容

①クライアントとの事前打ち合わせ
・企業概要と取扱商品とサービス内容についてヒアリング
・責任者の想いとコンセプトのヒアリング
・クライアントの要望をヒアリング
・弊社からのスキームを説明
・スケジュール決定

②1次段階調査
・現地でのモニター調査実施
・グループインタビュー実施
・アンケート調査実施
・調査分析
・分析結果の共有と今後の提案

③2次段階調査
・2回目現地でのモニター調査実施
・2回目グループインタビュー実施
・2回目アンケート調査実施
・2回目調査分析
・分析結果の共有と今後の提案

効果

・顧客の声を聞いてビジネス展開していくことの大切さを理解して頂きました。

・顧客は何にお金を払うのか。なぜ、お金を払うのかの顧客価値について理解頂きました。

・客観的な分析結果を活用し、論理的に説明することで、クラインアントの課題を納得して頂きました。

・改善提案内容を活用し、実践でも取り組んで頂くことで、部長様のリーダーシップも発揮できています。

・仮説の検証を繰り返すことで、少しずつですが客数も増加しており、部長様以下スタッフのモチベーションが向上しています。



クライアント様の声

・最初は調査分析など少し難しく思っていたのですが、「顧客の声を聞いてビジネスに活かすと良い成果が出る」という「当たり前」のことを再認識しました。ビジネスの原点です。

・モニター調査は初めての取り組みで不安がありましたが、実施してみると顧客と直接に会話でき、とても楽しかったです。

・想いと勢いで新規事業を立ち上げ苦戦していましたが、コンセプトが明確となり目指すべき方向性が見えました。

・分析結果には、モニターの本音が客観的に表現されており、褒め言葉だけでなく手厳しい言葉もありましたが、改善にとても役立ちます。

・今後も顧客の声を聞くことを継続することで、競合他社との差別化に取り組んでいきたいです。





« 実績一覧 »